top of page

『藤田悠未の原点』



皆様、ご無沙汰しております。

藤田 悠未です。


2回目ということで、今回は、『藤田悠未の原点』について、お話ししようと思います。




寝返りを打つ前から、A型のベビーカー(寝転んだまま乗るベビーカー)で、ブリッジをしていた私。(←意味不明)

当たり前ですが、手は使えないので、足と頭のブリッジなのですが…0歳の思考回路は謎です。



寝返りもハイハイもできない頃の移動手段は、ほふく前進の背中下バージョン。(おそらくブリッジの進化系)

脚力が強かったのか、仰向け状態で、頭の方に進んでいく技を身に付け(笑)、母が横に寝かせていても、気付けば移動していたそうで…


なかなかのベイビー。

しかも髪の毛はくるくる。笑



そんな幼少期の様子から伺えるように、とにかくじっとしていられなくて、好奇心の塊だった私。






2歳の頃、母が「おべべ(着物)を着ているときは、じっとしなあかんのよ〜」と、躾のひとつで着物を着させてくれたそうです。


私の母は、日本舞踊の師範なのですが、当時母のお稽古中に、「ママのお稽古中は舞台の上に上がってもいいけど、他のお弟子さんのときはおっちん(座る)してるのよ」と、躾けてくれたそうです。


それらがきっかけで着物を着て、母のお稽古中に舞台を走り回ってたのが、いつしか母の真似をしだすようになり、先生がお稽古を始めてくださったそうです。



※2歳半の藤田。

すっごく機嫌悪そうな顔してますが、この後、すごく楽しかったと言ってたそうです。どういうこと(笑)

緊張してたのかな〜






それから28年が経ちました。

 





藤間流の名取となり、私にとって日本舞踊は、欠かせないもの、かけがえのないものになりました。





世の中には、お金で買えないものがあると思います。

私はそれを、この日本舞踊を通じて、教わってきたと思います。



続けさせてくれた両親には本当に感謝しています。

日本舞踊に出会ってなければ、今の私はないと思います。







今の私の目標は、時代劇でメインどころをはることです。

全ては、芝居のため。

芝居を見てくださる視聴者の方のため。



自分のために頑張ってたときもありましたが、そんな力はしれてたし、敵いませんでした。





そして、両親と同じくらい大切な師匠に、恩返しをするため。


日本舞踊の師匠であり、人生の師匠である先生を、3年前に亡くしました。

絶望の日々というのは、こういうことかと






でも、私の心の中では生き続けています。

きっとどこかで見守ってくださっていると信じています。



、、、その経験や想いも、役者としては糧になっている…複雑ですね(笑)







今日は私の原点である「日本舞踊」についてお話しさせていただきました(´∀`*)



2023年12月17日(日)に、京都の先斗町歌舞練場で「藤麗会」本会がございます。

そちらに出演致しますので、ご興味ある方は是非!!

念願だった演目を、おどらせていただきます。


….ちゃっかり宣伝(笑)






ということで、今回はこの辺で(^^)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。








藤田 悠未









閲覧数:189回1件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page