top of page

『時をかける男』


最近、意識的に本を読むようにしているのですが、

紙の本と、スマホで読むパターンがあるのですが、

やっぱり紙で読む方がいい感じがします。


龍之介です。


今読んでいる本は、朝井リョウ「正欲」です。




おもしろいです。

後悔しています。紙で買えば良かった





読書といえば、小学生の時から中学1年くらいまで、

読書感想文を毎年同じ本で書いていました。

金色のくじら っていう本です。

今考えるとずるいですね。

そのツケが今きている気がします。

読むという行為で想像力を膨らませられるようにしたいし、

なにより読書って面白いなと実感している夏の終わりです。




そして、最近友達と

人生のピークっていつだと思う?という話をしたのですが、

自分は一番のピークは、生まれた瞬間だと言いました。

命が誕生できた以外に、ピークはあるのでしょうか?



、、、、友達とこういうくだらない話をする

のが好きです。

宇宙の話とか聞いて、宇宙とかも興味持ち始めそうな予感がする夏の終わりです。





夏真っ最中には、CMの撮影をしました。

昭和から令和にかけて時代背景と共に、

父親の子育て、育休を考える素敵なCMです。

見てみてください。見つけてください。



今回の撮影で一発撮りというものを初めて経験しました。

決められた時間内に1秒単位で

照明、カメラワーク、美術の位置、演者の位置など

リハーサルをやって、本番に挑む


楽しかったです。

子役の方が、「ゾクゾクしますね。」って話しかけてくれて

「そうですね。」と返したのを覚えています。




各部署の人たちが、何回も調整をしていて

妥協せず良いものを作ろうとしていて、

今まで培ってきたものをその場で披露してる感覚があって、

かっこいいなと思いました。


自分は最初の歩くシーンから1970年代のリビング

へ全速力で走りました。

一発撮りなので、カメラマンより先に次の持ち場に全力疾走です。

時をかけました。時をかける少女状態です。


自分が披露したのは、

「全力疾走」です。走りまくりました。

20メートルシャトルランかと思いました。

走ることしかできなかったです。

学生時代バレーボールをやっていて良かったと思いました。




照明を調整してる時、、、

真っ暗なスタジオで撮影だったので、

照明があまりにも綺麗すぎて、お芝居してやろうかと思いました。

が、やめました。そんな勇気はなかったです。

ですが、いつかあの照明の下でセリフを言いたいな、

自分メインで!と思うことができて、

良かったです。


そして、監督が、自分が好きなアーティストのMVの監督をしている方で、

とても興奮しました。

いつか、監督の作品に出演できるように頑張りたい。





最近観た映画で面白かったのは、


「フェイブルマンズ」 スティーヴン・スピルバーグ

「イングロリアス・バスターズ」クエンティン・タランティーノ

「犬猿」吉田恵輔

「アイスと雨音」松居大悟


です。



アイスと雨音は、何回も見ているのですが、

MOROHAの曲と役者の情熱が毎回、自分にエネルギーとしてもらえるので、

またいつか見ると思います。

MOROHAのライブもまた行きたい。です。



今回書いて思ったのは、話の展開が急すぎて、

話のグラデーションが下手くそすぎることです。

もっと滑らかに話の展開がなるようにしたいなと思いました。

ラジオ聞いて勉強します。


写真は映画「ゼイリブ」の人間になりすましたエイリアンの絵をかきました。






最後まで見ていただきありがとうございました。


積水ハウス

【昭和・平成・令和】いままでの父親、これからの父親。

#育休を考える日


見てみてください、、



閲覧数:171回1件のコメント

最新記事

すべて表示

1 Comment


Furuchang
Furuchang
Sep 17, 2023

ドラマ出演決定おめでとう御座います。楽しみですね。「時をかける」って、今の龍之介さんにピッタリのフレーズだと思いました。読書や映画鑑賞や舞台などを沢山観て、自分の表現を磨いているんでしょう。Emmuの公演ではカメラマンだったから、一発撮りは、その時を思い出しませんでしたか?子役の人の「ゾクゾクしますね」って言った話し、聞いた私も、ゾクゾクしました(笑)凄く伝わりました。これからも活躍楽しみにしています。

Like
bottom of page